詳しく見るAsakusa Frameworkとは?

Asakusa Frameworkとは、Hadoop上で大規模な基幹バッチ処理を行うためのフレームワークです。
大容量データを多数のサーバーに分散し、並列処理させることで高速なデータ処理を実現しています。
基幹バッチシステムに必要な開発環境・実行環境・運用環境を実装しているため、Asakusa Frameworkを使えば、
複雑な業務処理もHadoopを意識せずに開発可能です。

リリース情報

一覧
2017年11月30日
Asakusa Framework 0.10.0リリース
Asakusa Framework 0.10.0リリース

Asakusa Framework 0.10.0がリリースされました。

Asakusa Framework 0.10.0 リリースノート

本リリースでは、ビューAPI などのAsakusa DSLに対するいくつかの拡張機能や、新しいコマンドラインインターフェース Asakusa CLI などの機能追加が行われました。 またこれらの機能を実現するため、Operator DSLコンパイラを刷新するなどAsakusa Frameworkの内部にも大幅な変更と拡張が行われました。

これらの機能拡張を検討し、また今後のAsakusa Framework開発の計画を検討する過程で、 Hadoop MapReduceを実行基盤として利用する Asakusa on MapReduce については今後も継続して Asakusa on Spark や Asakusa on M3BP といった他の実行エンジンと同等の機能や品質を維持することは困難であると判断し、 本バージョンから Asakusa on MapReduce を非推奨機能 として位置づけました。 このため、本バージョンで追加されたいくつかの機能拡張に、Asakusa on MapReduceは対応していません。Asakusa on MapReduceの非推奨機化について詳しくは、Asakusa on MapReduceの非推奨化 にて説明しています。

新機能と主な変更点

本リリースでの主な変更内容です。リンクをクリックすると詳細を確認できます。

Asakusa on MapReduceの非推奨化

Hadoop MapReduceを実行基盤として利用する Asakusa on MapReduce は本バージョンから非推奨機能となりました。

詳細については、以下をご確認ください。リンクをクリックすると詳細を確認できます。

互換性に関して

過去バージョンからのマイグレーション時に確認すべき変更点については、 下記をご確認ください。

その他、細かな機能改善およびバグフィックスが含まれます。すべての変更点は、Changelogsをご確認ください。