詳しく見るAsakusa Frameworkとは?

Asakusa Frameworkとは、Hadoop上で大規模な基幹バッチ処理を行うためのフレームワークです。
大容量データを多数のサーバーに分散し、並列処理させることで高速なデータ処理を実現しています。
基幹バッチシステムに必要な開発環境・実行環境・運用環境を実装しているため、Asakusa Frameworkを使えば、
複雑な業務処理もHadoopを意識せずに開発可能です。

リリース情報

一覧
2016年05月11日
Asakusa on M³BP 0.1.1 リリース
Asakusa on M³BP 0.1.1 リリース

このバージョンは以下の問題に対応したメンテナンスリリースです。

  • コンテナ環境下でCPU情報を正しく取得できない問題を修正
  • MasterJoin系演算子のマスタ側入力に「空演算子」を指定した際にコンパイルが失敗する問題を修正
  • グループサイズが大きな場合にクラッシュする問題に対するワークアラウンドを Asakusa on M3BPの最適化設定 に記載

その他、軽微な改善を含みます。

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa on M³BP 0.1.1 documentation