リリース情報

2017年08月08日
Asakusa Framework 0.9.2リリース
Asakusa Framework 0.9.2リリース

Asakusa Framework 0.9.2がリリースされました。

Asakusa Framework 0.9.2 リリースノート

本リリースの概要は以下のとおりです。

DMDLプロパティ参照

DMDLプロパティ参照は、DMDLのレコードモデルおよび射影モデルに対して、複数のプロパティを単一のコレクションとして利用する機能をを提供します。

これらは固定長のリスト ( java.util.List ) またはマップ ( java.util.Map ) として利用でき、それぞれの要素はデータモデル内に存在するプロパティの参照を表します。 つまり、データモデル中のプロパティの値を変更するとリストやマップの値も変化し、リストやマップに対して変更を行うと、対応するプロパティの値が変化します。

このプロパティ参照を上手に利用すると、データモデル内に存在する「プロパティの繰り返し」を容易に処理できるようになります。

詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

DMDLユーザーガイドプロパティ参照を定義する

WindGate JDBC ダイレクト・モード を正式機能としてリリース

バージョン 0.9.0 から試験的機能として公開していた WindGate JDBC ダイレクト・モード を正式機能として公開しました。

WindGate JDBC ダイレクト・モードとは、WindGateを利用したバッチアプリケーションの実行時にデータフロー処理を行うプロセスの内部で直接 WindGate JDBCによるデータベースへのインポート処理とエクスポート処理を行うように動作する、 Asakusa on M3BP 固有の最適化設定です。

WindGate JDBC ダイレクト・モードを利用することで、通常のWindGateよりもバッチアプリケーション全体の実行時間が大きく短縮できる可能性があります。

詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

Asakusa on M3BPの最適化設定WindGate JDBC ダイレクト・モード

WindGate – Oracleパーティションテーブルの並列読み出し

WindGateの最適化オプションに、Oracleパーティションテーブルに対する並列読み出しを行うオプションが追加されました。

この機能は、 WindGate JDBC ダイレクト・モード でのみ利用することができます。 この機能の設定方法などは、 WindGate JDBC ダイレクト・モード のドキュメントを参照してください。

その他の変更点

その他、細かな機能改善およびバグフィックスが含まれます。すべての変更点は、Changelogsをご確認ください。

2017年05月08日
Asakusa Framework 0.9.1リリース
Asakusa Framework 0.9.1リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

Direct I/O formatted text

Direct I/Oでレコードやフィールドを区切り文字によって分割するデータ形式を取り扱うための機能 Direct I/O formatted text を追加しました。

従来、Direct I/Oで提供していた Direct I/O CSV や Direct I/O TSV などのテキストフォーマットを扱う機能と比べて、以下のような特徴を持っています。

  • 多様なデータ形式を扱うきめ細かな設定が可能
    • データ形式に関する様々な設定をレコード全体、及びフィールド単位にそれぞれ設定することができます。
    • 従来、事前にデータ整形処理が必要であったようなデータ形式の多くは、この機能で直接処理可能となります。
  •  不整合データに対する柔軟な動作設定が可能
    • 不整合データの検出時にエラーとして異常終了、警告を出力して処理を継続、単にスキップするなど様々な動作設定が可能です。
    • 想定外のデータやアプリケーションの仕様変更などに対して柔軟な対応が可能となります。

詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

Direct I/O formatted text

Direct I/Oのデータフォーマットファイルをテストデータに指定

Direct I/Oを利用したアプリケーションのテストでは通常のテスト方法に加えて、Direct I/Oのデータフォーマットに対応するファイルをテストデータとして指定することが可能になりました。

例えば、CSVやTSVファイルを演算子やデータフローのテストに対する入力データや期待値データとして指定することができます。

詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

Direct I/O ユーザーガイドデータフォーマットに対応したファイルをテストデータに指定

その他の変更点

その他、細かな機能改善およびバグフィックスが含まれます。すべての変更点は、Changelogsをご確認ください。

2016年12月06日
Asakusa Framework 0.9.0リリース
Asakusa Framework 0.9.0リリース

Asakusa Framework 0.9.0のリリースです。今回のリリースよりAsakusa Frameworkのリリース方式を変更し、 Asakusa Frameworkのコアや拡張コンポーネント群をまとめた「ディストリビューション」形式でリリースを行います。リリースノートの詳細は、以下をご覧ください。

Asakusa Framework 0.9.0 リリースノート

Askausa Framework 0.9.0のリリースに合わせてJinrikishaもアップデートしています。

Jinrikisha 0.9.0のリリースノート

Asakusa Framework 各種メンテナンスリリース

Asakusa Frameworkのバグフィックスを中心としたメンテナンスリリースを行いました。詳細は以下のリリースノートを参照してください。

Asakusa Frameworkチュートリアル

Asakusa Frameworkのサンプルアプリケーションを作成しながら、フレームワークの基本的な使い方を学ぶことができるチュートリアルを公開中です。実際の開発の流れに沿って構成されているので、はじめてアプリケーションを開発する方でも学習を行っていただけます。

Asakusa Framework チュートリアル

2016年07月26日
Asakusa Framework各種リリース
Asakusa Frameworkチュートリアル リリース

Asakusa Frameworkのサンプルアプリケーションを作成しながら、フレームワークの基本的な使い方を学ぶことができるチュートリアルを公開しました。実際の開発の流れに沿って構成されているので、はじめてアプリケーションを開発する方でも学習を行っていただけます。

Asakusa Framework チュートリアル

このチュートリアルは、Asakusa Frameworkをご利用いただくユーザ様およびOSSコンソーシアム Asakusa Framework部会の皆様のご協力により公開の運びとなりました。コミュニティの皆様のご協力をいただきありがとうございました。

Asakusa Framework 各種メンテナンスリリース

Asakusa Frameworkの各ツールのバグフィックスを中心としたメンテナンスリリースを行いました。詳細は以下のリリースノートを参照してください。

2016年05月11日
Asakusa on M³BP 0.1.1 リリース
Asakusa on M³BP 0.1.1 リリース

このバージョンは以下の問題に対応したメンテナンスリリースです。

  • コンテナ環境下でCPU情報を正しく取得できない問題を修正
  • MasterJoin系演算子のマスタ側入力に「空演算子」を指定した際にコンパイルが失敗する問題を修正
  • グループサイズが大きな場合にクラッシュする問題に対するワークアラウンドを Asakusa on M3BPの最適化設定 に記載

その他、軽微な改善を含みます。

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa on M³BP 0.1.1 documentation

2016年04月12日
Asakusa Framework 0.8.0 リリース
Asakusa Framework 0.8.0 リリース

今回のリリースでは、 新しい実行基盤である Asakusa on M3BP の新規公開、昨年からDeveloper Previewとして公開していた Asakusa on Spark の正式公開など重要なアップデートが多数含まれています。

Asakusa on M3BP

Asakusa on M3BP は、Asakusa DSLを始めとするAsakusa Frameworkの開発基盤を利用して作成したバッチアプリケーションに対して、 M3 for Batch Processing を実行基盤として利用するための機能セットを提供します。

M3 for Batch Processing、および Asakusa on M3BP の詳細は以下の資料をご覧ください。

Asakusa on Spark

2015年からDeveloper Previewとして公開していた Asakusa on Spark を正式機能として公開しました。

Asakusa on Spark Iterative Extensions

Asakusa on Spark の拡張機能「Iterative Extensions」を試験的機能として公開しました。

その他の変更点

今回のリリースでは、いくつかの古いプラットフォームの対応を削除しています。詳しくは「互換性に関して」を参照してください。

その他、細かな機能改善およびバグフィックスが含まれます。
すべての変更点は Changelogs を参照してください。

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa Framework 0.8.0 documentation

2016年02月01日
Asakusa on Spark 0.2.2 リリース
Asakusa on Spark 0.2.2 リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

  • 特定の条件でバッチアプリケーションのコンパイル時に大量のメモリを消費し、コンパイルに失敗することがある問題を修正しました。
  • また、この修正によりコンパイル速度が改善されます。

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa on Spark 0.2.2 documentation

2015年12月02日
Asakusa Framework 0.7.6 リリース
Asakusa Framework 0.7.6 リリース

このバージョンはAsakusa DSLコンパイラの以下の問題に対応したメンテナンスリリースです。

  • MasterJoin系演算子のマスタ側入力に、 DataSize.TINY を含む2つ以上の入力を指定した場合に正しく動作しない問題を修正

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa Framework 0.7.6 documentation

直近のリリース(2015年11月20日)

Asakusa Framework 0.7.5 リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

  • Direct I/O line – 特定フォーマットに依存しないテキストファイルの入出力
  • GradleのDSLコンパイル時に対象のバッチアプリケーションを指定
  • 開発環境向けの英語メッセージリソースの追加とAPIリファレンスの英語化
  • サポートプラットフォームの更新

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa Framework 0.7.5 documentation

Asakusa on Spark 0.2.1 リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

  • Spark バージョン 1.5.2 に対応しました
  • 特定の条件でバッチアプリケーションのコンパイル、実行に失敗する問題を修正しました

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa on Spark 0.2.1 documentation

2015年11月20日
Asakusa Framework 0.7.5 リリース / Asakusa on Spark 0.2.1 リリース
Asakusa Framework 0.7.5 リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

  • Direct I/O line – 特定フォーマットに依存しないテキストファイルの入出力
  • GradleのDSLコンパイル時に対象のバッチアプリケーションを指定
  • 開発環境向けの英語メッセージリソースの追加とAPIリファレンスの英語化
  • サポートプラットフォームの更新

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa Framework 0.7.5 documentation

Asakusa on Spark 0.2.1 リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

  • Spark バージョン 1.5.2 に対応しました
  • 特定の条件でバッチアプリケーションのコンパイル、実行に失敗する問題を修正しました

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa on Spark 0.2.1 documentation

2015年09月15日
Asakusa on Spark 0.2.0 リリース
Asakusa on Spark 0.2.0 リリース

本リリースの概要は以下のとおりです。

  • Spark バージョン 1.5.0 に対応しました。
  • 動作検証のHadoopディストリビューションを更新しました。

詳細は、下記のリリースノートをご覧ください。

Asakusa on Spark 0.2.0 documentation

Pages: 1 2 3 Next